光電補聴器センターの公式ホームページ

>
きこえについて

難聴の種類

 

一言で難聴といっても、実際には様々な種類があります。

難聴の種類

 

難聴の種類 特徴 主な原因
伝音難聴

外耳から中耳にかけての、音を内耳に伝える器官に生じる障害による難聴です。

音や言葉を聞き取る為の神経には特に異常がない為、補聴器などで音を大きくすればかなり聞こえるようになります。
(適合しやすい)

耳垢栓塞(耳垢づまり)
鼓膜外傷(鼓膜に穴があく)
中耳炎
耳硬化症
耳小骨連鎖隔離
感音難聴

内耳から聴神経、脳の中枢にかけての音を感じとる部分に生じる障害による難聴です。

小さな音の聞こえ難さだけでなく、大きな音が響いたり、音は聞こえるが内容が理解できにくいという症状が表れます。

感音難聴に対応する補聴器を使い、聞き取りの練習を行うことで効果が期待できます。

突発性難聴
騒音性(職業性)難聴
音響外傷
メニエール病
薬物による難聴
 混合難聴  伝音難聴と感音難聴が混合した難聴です。 老人性難聴