光電補聴器センターの公式ホームページ

>
>
デジタル補聴器について

デジタル補聴器について

耳あな型補聴器

 耳あな型の補聴器は一人一人のきこえと耳の形状を合わせて作るオーダーメイドタイプが主流となっています。
目立ちにくく、装用感も快適です。
きこえに合わせて作るので自然な音質をお届けできます。また種類も豊富です。
 

 ◎オーダーメイドの補聴器は耳あなの大きさや難聴の程度によって適合しない場合があります。

MC(マイクロカナル)
極限の小ささを追求した補聴器
  CT(カナルタイプ)
多くの方に愛用されている補聴器
  LS(フルサイズ)
高度難聴にも対応可能な補聴器

 

 

耳かけ型

 耳の後ろにかけて使います。種類が豊富で、あらゆるきこえに対応することが出来ます。
耳の形に合わせてつくる耳栓(イヤモールド)を合わせて使うと音漏れ(ハウリング)もなく快適に
ご使用いただけます。

        
おしゃれなカラーが勢揃い!
シーメンスの耳かけ型補聴器は数種類の中から
お好みの色をお選びいただけます。

※機種によりお選びいただける色は異なります。

 

 

ポケット型

 力強いパワーと豊富な音量感イヤホンで聞くタイプの補聴器です。
手元で確認をしながら操作できるのでスイッチ操作やボリュームの調整が簡単に行えます。

箱型補聴器
ポケットなどに入れて使用する補聴器

 

 

デジタル補聴器(ノンリニア補聴器)

デジタル補聴器は、入ってきた音に対してコンピュータ(マイクロチップ)で信号処理を行ったうえで出力する為、入ってくる音の大きさで増幅(聞こえやすいように補聴器で音を大きく増加すること)する度合いが変わります(ノンリニア増幅)小さな音は聞こえ易いように大きく、大きな音はうるさくならないように制御をします。
それと同時に周囲の騒音を抑制する機能や子音(50音のさ行やしゃ行)を強調して会話をはっきりさせる機能を付加したりして、言葉だけを聞き取りやすくすることができます。(上記機能の付いていない補聴器もあります)