「価値あるきこえへの挑戦」

代表取締役社長
伊賀洋文

 株式会社光電は1965年の設立以来、半世紀に渡り補聴器販売において信頼と実績を積み重ね、お客様と共に歩んで参りました。
 今日、社会変化と共にデジタル化が進んだことで、管理医療機器である補聴器にも多種多様なニーズが生まれ、大きな変革が求められています。
 このような時代の変化に対応するために我々に求められるものは、時代の変化に即した「高い対応力」だと考えます。それを実現するためには、私たち一人ひとりが常にお客様に寄り添い、お客様にとっての本当の価値を見出し、追求し、広く深い専門知識と発想力で問題解決に努め、さらなる「きこえ」の向上のために一丸となって取り組むことが大切だと考えます。
 多くの方により良いきこえを提供するためには、まずは自分自身が成長すること、これこそが企業理念でもある「価値あるきこえへの挑戦」であり、創業以来私たちの使命だと信じています。
 今後とも、当社ご利用のお客様、取引先の皆さまをはじめとする、すべてのステークホルダーの皆さまからの信頼を積み重ねていけるよう、そして社会から真に必要とされる企業となれるよう、当社一丸となって邁進してまいりますので、引き続きご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長